サーチファンド・ジャパン
インタビュー

Interviews
Yutaro MIWA

 Interview #

5

2024

 年

4

 月

三輪勇太郎 (vol.2)

Yutaro MIWA

サーチファンド・ジャパン

サーチャー

vol.2 | 経営者になりたいとの想いからサーチャーへ

「経営者になりたい」という想いが強くなっていったということですが、サーチャーという存在はどのように知ったのでしょうか?

(三輪)GUで働きながらもゼロベースで次の進路を模索していた時、ネットで「サーチファンド」という仕組みを知りました。同時にサーチファンド・ジャパンの存在も知って、直近で開催していたセミナーを受け、理解を深めました。

 

結果としてサーチャーというキャリアにチャレンジする決断をされたと思いますが、大企業で経営層になる選択肢もある中でなぜサーチャーをやってみたいと思ったのでしょうか。

(三輪)中小企業の経営に参画できるということがサーチファンドの意義の一つだと理解しています。柳井社長が、中小企業からユニクロを育て上げ、その過程で想像を絶する苦労をご経験されていたからこそ今の姿になっていると感じることが多々あり、サーチャーとして中小企業の社長を経験することは、大企業のマネジメントでは得がたい経験ができると思ったことが大きな理由の一つです。

 

その中でSFJと一緒にサーチャーをやりたいと思った理由を教えて下さい。

(三輪)サーチファンド・ジャパンの代表の伊藤さんがご自身でサーチャーを経験されているというのが大きな理由ですね。伴走者としての安心感につながりました。

 

三輪さんは2023年9月から本格的にサーチ活動を始めました。具体的にどのような活動を行っているのか教えて下さい。

(三輪)M&A仲介会社からご紹介頂いた企業について事業性・投資適格性を検討したり、M&Aプラットフォーム上で興味のある企業を自分で調べたりしています。ありがたいお話でサーチ期間の初期から沢山の企業をご紹介頂いていました。

(新實)三輪さんはご興味を持たれる企業のスコープが広く、非常に前向きに対象企業と向き合っていると感じています。そのマインドはどう醸成されたのでしょう?

(三輪)表面上で見えているものが全てではない、という考えを持っています。明治維新以降の近代史研究をライフワークとしていますが、教科書に載っているレベルの情報だけではなく、月、日まで細かく時系列を追って、その日、その場に自分がいたら何に影響され、何を考え、何ができるか/できないかを想像するのが趣味です。教科書的なマクロの世界観とは全く違うものが見えてきます。

 これと同様に「マクロ市場から判断すると、この業界は厳しそうだから成長させることが難しそう」という前提に立つのではなく、「商売はそんな単純じゃない、ミクロで見ればこの会社ならではの宝のような強みがある、もっと深掘ってみよう」と思って対象企業を知ろうとしています。この宝探しのような活動がすごく楽しいんですよね。 

サーチファンド・ジャパンの投資担当者として三輪さんに伴走している新實さんは、三輪さんのサーチ活動をどのように支援されているのでしょうか。(※当社のサーチャー支援の方法についてはこちら

(新實)ソーシングの面で言えば、私たちのネットワークのある仲介会社への声掛けやファンド側で得ている情報から、三輪さんが関心を持ちそうな投資候補先を紹介しています。また実際の投資検討フェーズでは事業サイドの検討を三輪さんにしていただき、その壁打ち相手として議論をしたり、金融・投資サイドの視点で意見を伝えたりしています。

(三輪)壁打ちの密度が大事だと思うのですが、その壁打ちを密度高くやらせて頂いていると思っています。そのおかげで、一見すると取り組みが難しそうな案件も、一緒に建設的に検討できているのだと思います。

 また、良い意味でブレーキ役にもなっていただいていますが安易なアクセル役、ブレーキ役という関係性でもありません。新實さんから「この会社を成長させるためにはこういうハードルがありますよね?」と意見を頂くと、そのハードルを越えるために、その企業の強みや良さを探そうという視点が生まれ、より深く企業のことを見ることができています。

 

サーチ活動を楽しみながら前向きに進めている三輪さんですが、サーチ活動を無事に終えて経営者となった暁にはどのような経営者になりたいですか?

(三輪)しっかり意思決定をしてお客様と従業員を幸せにできる経営者になりたいです。過去のキャリアの中で白黒付け難い状況でも意思決定を先延ばしにせず、即断即決で事業を進めていく素晴らしい経営者の背中を見てきました。意思決定をすること自体が非常に重いことですが、寧ろ決定した以上はその雲行きが怪しくなったとしても何とか成功させるべく全力を尽くす実行こそが肝で、その重要さは最初の意思決定の正しさ、確からしさを超越するものがあると考えています。

 自分も即断、即決、即実行を実践し、成果を出せる経営者になりたいと思います。

--

▼三輪勇太郎(サーチャー) 連載インタビュー

vol.1 | サーチャーを目指すまでのキャリア

vol.2 | 経営者になりたいとの想いからサーチャーへ

インタビュー一覧

DBJ (日本政策投資銀行)

企業投資第3部長

DBJ (日本政策投資銀行)

企業投資第3部長

DBJ (日本政策投資銀行)

企業投資第3部長

サーチファンド・ジャパン

サーチャー

サーチファンド・ジャパン

サーチャー

キャリアインキュベーション株式会社

代表取締役社長

キャリアインキュベーション株式会社

代表取締役社長

キャリアインキュベーション株式会社

代表取締役社長

株式会社アレスカンパニー

代表取締役社長(元サーチャー)

株式会社アレスカンパニー

代表取締役社長(元サーチャー)

株式会社アレスカンパニー

代表取締役社長(元サーチャー)

株式会社アレスカンパニー

代表取締役社長(元サーチャー)

サーチファンド・ジャパン

シニアマネージャー

サーチファンド・ジャパン

シニアマネージャー

インタビュー一覧へ