サーチファンドとは

What's SearchFund?

サーチファンドの概要と歴史

サーチファンドとは、経営者を目指す個人が主導して中小企業のM&Aを行い、自ら経営に携わる活動です。優秀な経営者候補と魅力的な中小企業をつなぐ、社会的意義のある投資の仕組みです

サーチファンドに取り組む経営者候補はサーチャーと呼ばれ、優秀な人材にとっての新しいキャリアとして世界中で拡大を続けています

サーチファンドの投資対象は、一定の歴史と事業基盤がある中小企業が中心です。既存の事業基盤を活かしながら、新しい経営者の元で飛躍的な成長を目指し、上場したりグローバル企業に成長したりする事例も少なくありません

サーチファンドの仕組みは、1984年に米国ビジネススクールで生まれました。現在までに数百件のサーチファンドが設立され、特に近年、サーチファンドの設立数は世界中で加速しています。
日本における事例は未だ限定的ですが、サーチャーを目指す人や研究会等も現れ始め、また事業承継や地域活性化の観点からも、急速に注目を集めています

サーチファンドの特徴と意義

サーチファンドの特徴①:人材ファーストのM&A
従来のファンドではM&A後に経営体制を構築するのに対し、サーチファンドでは経営者となる人材ありきで活動がスタートし、その人材がM&Aとその後の経営を主導します

売手オーナーは直接後継者候補を選ぶことができ、「担当者の顔が見えない」「譲渡後の経営方針が不安」といった、事業会社や従来のM&Aファンドに売却する際にありがちな懸念が解消されます
サーチファンドの特徴②:個人のチャレンジを支える仕組み
優秀とはいえ経営者候補ひとりでM&A資金を調達したり、必要なプロセスを実行するのは簡単ではありません

サーチファンドでM&Aを目指す人材は、まず投資先発掘に必要な活動資金のみ投資家から調達し、魅力的な投資先が見つかった段階で大きなM&A資金を調達する、という二段階で資金調達が行われます。また資金面以外でも、投資家によっては個人を支える手厚いサポートを行います

この仕組みにより、実績の少ない個人でもM&Aにチャレンジができ、投資家は少額の投資で優秀な人材を応援できることになります
このような特徴を持つサーチファンドは、事業承継に課題を抱える中小企業にとっては後継者に事業を託す手段となり、また優秀な人材にとってはM&Aを通じて経営者になる新しい道となります

このサイクルが拡大することで、経営者輩出と企業の活性化、ひいては地域・日本経済の活性化につながると考えています

一般的なサーチファンド活動の流れ

従来の投資ファンドでは、実績のある運営組織が最初に投資資金を集めたのち、投資対象となる企業探し(サーチ活動)を始めます。

一方でサーチファンドは、経営者候補が自ら魅力的だと思える企業を見つけた後にM&A資金を調達します。投資対象を探すサーチ活動が初めに行われることから「サーチファンド」と呼ばれています
日本初サーチファンド経験者、当社代表伊藤より
サーチファンドの経験や思い
詳しく見る
伊藤公健
経営者候補 大屋より
事業承継活動日誌
詳しく見る
TakashiOya

PARTNERS

合弁パートナー