お知らせ

大屋貴史によるミスターデイク株式会社の事業承継のお知らせ

株式会社サーチファンド・ジャパン(以下、当社)は、大屋貴史氏とともにミスターデイク株式会社(山梨県甲府市、https://www.mrdeiku.jp/)への事業承継投資を実行しました。

ミスターデイク社は山梨県甲府市を拠点として、住宅リフォーム・新築住宅事業を営む企業です。山梨県内で6,000件以上のリフォーム施工実績があり、品質とサービスに定評のある事業者です。

山梨県甲府市は本件を主導した大屋氏の出身地でもあります。大屋氏は2022年1月25日よりミスターデイク社の代表取締役として、地域性への理解やネットワークも活かした経営を目指します。

本事業承継は、山梨中央銀行からの融資も受けることで実現されました。優秀な経営人材による地域中小企業の成長のため、地域金融機関との連携のモデルケースとなることも目指しています。

サーチャー大屋貴史氏(左)、ミスターデイク社の親会社 株式会社NEXTAGE GROUP代表取締役 佐々木洋寧氏(右)

【背景】

当社は、事業承継を目指す経営者候補(=サーチャー)を支援する投資会社として2020年10月に設立され、現在約10名のサーチャーとともにサーチファンド(※)の仕組みで事業承継投資を目指し活動を行っています。

(※サーチファンド = 経営者候補個人が投資家の支援を受けながら、自ら投資先企業を発掘・選定し、事業承継型M&Aの実行と経営を主導する仕組み)

今回ミスターデイク社への事業承継を主導した大屋氏は、当社とともに2021年5月より事業承継を目指した活動を行ってきました。

大屋氏は、承継候補として数十社の企業を検討した結果、事業の将来性や自らの貢献可能性、また出身地である山梨県甲府市への地域貢献等を鑑み、ミスターデイク社の事業承継を強く希望し検討を推進してきました。

当社としても、大屋氏とミスターデイク社の将来性や地域貢献の可能性を高く評価し、投資を決定しました。

【大屋氏からのメッセージ】

この度、ミスターデイク社を事業承継させて頂くことになりました。頂戴したこの機会に心より感謝を申し上げると共に、生まれ故郷山梨で事業に邁進できることの喜びと責任を感じております。

同社は20年以上に亘り多くの住宅リフォーム・新築を手掛け、お客様からも高い評価を頂いている素晴らしい企業です。高い品質とお客様に寄り添ったきめ細かなサービスをしっかりと維持しながら、更に商品・サービスに磨きをかけ、社員の皆さんと共に益々愛される企業を目指して精進して参ります。

これまでミスターデイクを支えて下さったお客様、お取引先様、関係各社様、そして山梨県民の皆様には引き続きご愛顧とお引き立てを賜りますと共に、若輩者の経営者に温かくも厳しいご指導を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

 

【今後の活動】

2022年1月25日より、大屋氏はミスターデイク社の代表取締役として業務を開始し、当社は大屋氏の主導する経営を全面的にバックアップしてまいります。

また当社は、他のサーチャーとともに引き続き事業承継を目指して活動するとともに、2号ファンドの組成に向けて準備を開始します。

日本におけるサーチファンド投資の第一人者として蓄積したノウハウ、日本最多の経営者候補プール、日本最大のサーチャー支援チーム、そして大屋氏による事業承継の実現と今後の経営の進捗を踏まえ、日本におけるサーチファンド投資の拡大をリードするファンドの組成を目指します。

「人材起点のM&A」「地域・中小企業の活性化」という特徴のあるサーチファンド投資への参画について、すでに多数の関心を頂いており、本件の実行を機に今後準備を具体化していきます。

 

【大屋氏について】

略歴

  • 東京大学卒業(2002年)
  • 株式会社博報堂(2002年~2007年)
  • 株式会社ミスミ(2007~2016年)
  • フロンティア・マネジメント株式会社(2016年~2021年)
  • サーチャーとして事業承継を目指し活動(2021年~)

ミスミではインド・東南アジア等で海外駐在をしながら事業部門責任者を歴任。フロンティア・マネジメントに転じた後は、中小企業の常勤役員として事業支援を通じて、経営者に必要なオーナーシップとリーダーシップの精神を培う。2021年5月より事業承継を目指しサーチファンド活動に専念。

【ミスターデイク株式会社について】

  • 本社:山梨県甲府市国母7-5-9
  • 創業:1999年
  • 事業内容:山梨県で住宅リフォームと新築住宅を手掛ける。リフォーム事業としては山梨県内で6,000件以上の施工実績があり、品質とサービスに定評。
  • URL:https://www.mrdeiku.jp/

PARTNERS

合弁パートナー